「肌免疫」は上げられる!不調肌から抜け出す鍵は「ランゲルハンス細胞」

Inner Beauty

「最近お肌の不調が長期間続く」
「美容液やパックをしても、お肌の調子が上がらない」
そんな方は、「肌免疫」が低下しているのかもしれません。
肌免疫が上がれば、少しの刺激では揺らがない強い肌になることができます。
今回は肌免疫のメカニズム、肌免疫を上げる方法についてお届けします。

肌免疫とは?

肌免疫とは、肌が持つ防衛機能を指す言葉です。
私達の体には免疫機能があり、そのおかげでウイルスや細菌から守られ健康を保っています。
同じように肌にも免疫機能があり、日々お肌の健康を守ってくれているのです。
肌免疫のメカニズムについて知り、自分のお肌の不調の根本原因を知りましょう。

鍵は「ランゲルハンス細胞」

肌免疫の鍵を握るのは、表皮にある「ランゲルハンス細胞」です。
外敵を排除するはたらきがあり、肌の健康を保つための大きな役割を担っています。
本来お肌の表面には「角層」があり、うろこ状に覆うことで肌を外敵から守っています。
しかし角層の乱れなどにより、外敵が肌の内部に侵入してしまう可能性があるのです。
そんな時にお肌を守ってくれるのが、ランゲルハンス細胞というわけです。

ランゲルハンス細胞のはたらきは、大きく分けて2つあります。

①指令機能 

異物の侵入を感知した時、他の免疫細胞に異物を攻撃するよう指令を出す。

②防衛機能 

外的刺激(紫外線や化学物質、乾燥など)や内的刺激(ストレスなど)を感じた時、 自らが持っている沈静化酵素で直接攻撃する。

お肌が「調子がいい」状態とは、肌荒れや乾燥などのトラブルがない状態です。 体で例えるなら、病気や不調、怪我などがなく、エネルギーが満ちている状態ですね。
私達の体やお肌には、何もトラブルがなく健康な状態を保とうとする機能があります。
これを「恒常性(ホメオスタシス)」と呼びます。
ランゲルハンス細胞は、異物や刺激を感じた時にすぐに反応することで、
お肌を炎症などのトラブルから守り健康な状態を保つはたらきがあるのです。

その不調、ランゲルハンス細胞の不調かも?

なぜか肌の調子が上がらない」という時は、ランゲルハンス細胞のはたらきが低下しているのかもません。
ランゲルハンス細胞がうまく機能していないと、乾燥や紫外線などの刺激がお肌に侵入した時に防衛のための指令を出すことができず、刺激物質が肌の内部にまで侵入してしまいます。
刺激物質は乾燥・赤み・シミ・シワなどの肌トラブルを引き起こす原因となるので、お肌はトラブル続きの不調肌になってしまうでしょう。

さらにランゲルハンス細胞が弱っていると内的ストレスを攻撃する力も弱くなるので、ストレスが原因のニキビ・肌荒れが繰り返しできるようになってしまいます。
あなたのお肌がトラブルから抜け出すことができないのも、実はランゲルハンス細胞のはたらきの低下が原因かもしれません。
では、どうすれば弱ったランゲルハンス細胞を再び活性化させることができるのでしょうか?

肌免疫の向上の鍵は「抗酸化」と「保湿」

ランゲルハンス細胞を守るためには、肌を酸化から守るための抗酸化物質と、肌の防衛力を高めるための保湿が重要です。
株式会社・資生堂の研究によると、紫外線(UV-A波)がランゲルハンス細胞のはたらきを低下させることがわかっています。

紫外線は肌に当たった時に活性酸素を生産しますが、その活性酸素は肌の細胞を損傷してしまいます。
活性酸素は肌の細胞だけでなくランゲルハンス細胞を弱めてしまい、肌を守る能力を低下させるのです。
私達の体は本来活性酸素を除去するはたらきがあるのですが、そのはたらきは加齢とともに減少してしまいます。
活性酸素と戦い続けるためには、「抗酸化物質」を摂取することが効果的です。

代表的な抗酸化物質としては・ポリフェノール・カテロイドが挙げられます。
ポリフェノールの中にはイソフラボン・カテキン・アントシアニン・タンニンなどが含まれます。
大豆や緑茶、紅茶などは抗酸化作用があるということですね。
カテロイドには、β-カロテンやリコピン、アスタキサンチンなどが含まれます。β-カロテンは緑黄色野菜に、リコピンはトマトに、アスタキサンチンは魚類に含まれていることで知られていますね。


これらの食材を日常の食生活に取りいれることで、活性酸素がランゲルハンス細胞を攻撃するのを防ぐことができます。
活性酸素だけでなく、化学物質や乾燥などの強い刺激にも注意が必要です。
強い刺激を受けるとランゲルハンス細胞は減少し、さらにランゲルハンス細胞を生み出す前駆細胞も育たなくなってしまうことがわかっています。

肌の内部が刺激を受けないようにするためには、肌のバリア機能を高める必要があります。
肌の細胞ひとつひとつの間には「細胞間脂質」という物質があり、この物質があるおかげで細胞は密着し、うるおいを保つことができています。
しかしこの物質が少なくなると、細胞の間に隙間ができ、刺激がお肌の内部にまで伝わってしまうのです。
毎日のスキンケアでしっかり保湿することで、細胞間脂質を保ちお肌のうるおいを守ることができます。
化粧水で水分補給をし、乳液やクリームでしっかり蓋をしましょう。
セラミドなど、細胞間脂質となる成分をスキンケアに取りいれることでも、肌のバリア機能を高めることができます。

まとめ

お肌の免疫力を上げれば、ストレス・季節の変化などにも負けない、強い肌を手に入れることができます。
いつでもお肌の調子が変わらない人は、内面からの自信・肌の内部からのハリが溢れて魅力的な人になります。
ランゲルハンス細胞の活性化に取り組んで、あなたの美しさをもっと際立てる、「揺らがない肌」を手に入れませんか?

いいね

読み込み中...

50 Shades of Pink

8,274 views

50 Shades of PInk 編集部 国内外の最先端情報をエディターが厳選。 スキンケア、コスメからマインドビューティーまで幅広く美に関わる情報を発信...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。