顔のむくみや歪みは頭皮が原因?顔をほぐしてエイジング知らずの小顔になろう!

Body

顔のむくみやたるみ、歪みなど顔のお悩みは女性につきもの。
そんな小顔対策は顔のケアだけでは解決できないってご存知でしたか?
小顔ケアは頭皮ケアから始めるのが大事!
今回は小顔脳洗浄の提唱者で大人気サロンのオーナー PRAFUSE の藤川先生に小顔につながる頭皮ケアについて徹底的に伺ってきました。

顔のむくみと頭皮ケアってどう関係があるの?

ご存知ない方も多いのですが、実は頭は結構むくんでいるもの。
でもそのむくみってどこから来るのでしょうか?
実は顔のむくみは、頭の筋肉のコリが原因で起こるものなんです。

頭の頭蓋骨は全部で23枚の骨のパーツからできているのですが、
この骨は実は呼吸をしていて、1分間に閉じたり開いたりを繰り返しているんです。
頭の筋肉が硬いことでこの呼吸の動きが悪くなると、
頭蓋骨の中で作られている「脳脊髄液」と呼ばれている液体の巡りが悪くなります。
本来ならこの脳骨髄液が、背骨を通って腰部分の仙骨までいき、全身をぐるぐる巡って循環しているのですが、
この循環のスピードが遅くなると、顔がむくんできたり血色が悪くなったりしてきます。
なので、目の下にクマができたり、顔がむくんでいるからといって、
顔だけをマッサージしても根本的に解決しないのです!
ちなみに顔のたるみにも頭皮ケアはとっても重要!
頭皮をしっかり動かして、頭皮を緩めてあげることで、
頭と顔を引っ張り上げる力が増し、たるみの改善へと繋がります。

自律神経ケアも頭皮ケアから?

頭皮と自律神経も実は関係があるんです。
頭皮が凝っていると、脳脊髄液の循環が悪くなって神経の伝達がうまくいかなくなるので、自律神経失調症へと繋がってしまうこともあるんです。
頭皮は柔らかいのが一番!
こまめに自分でもみほぐすのが大事です。

頭皮ケアのポイントは?

頭皮をマッサージするにあたって、特に念入りに揉みほぐしたほうがいいのが、耳の上の部分。
耳の上は一番老廃物がたまりやすく、汚れやすいんです。
耳の上の筋肉に側頭骨という6枚の骨があり、その骨と骨の縫合の部分に老廃物がたまりやすく、とっても汚れやすいんです。

顔の歪みの左右差ってどういう意味がある?

顔の歪みやたるみが左右で違いがあるという方も多いのでは?
実は左右の違いには意味があるんです。
右が凝ったり下がったりしていると体が疲れているサイン、
左が凝っていたり下がっている場合は、メンタルが疲れている場合が多いです。
施術の時には、最初にどっちが下がっているか最初チェックしてから、
ヒアリングをしたり、揉みほぐし施術をするようにしておられるそうです。

おうちでのセルフケアのポイント

サロンでのスペシャルケアも大事ですが、おうちで毎日セルフケアを継続することが何より大事!
シャンプーをしながら簡単にできるものばかりなので、是非毎日やってみてくださいね。

ポイント① 側頭筋を緩める

「耳の上の側頭筋をぐるぐるとマッサージしてから、上に引っ張って離す」

ポイント② 頭頂部を緩める

「カツラを動かすように、頭頂部を縦にスライドさせるように動かす」

そのあと、「指先でつまむように頭皮を引き上げる」のも忘れずに。

ポイント③ 目の周りのケア

「目を力強く閉じながら、その力に争わせるように手で目を開けようとする」
こうすることで、まぶたの周りの筋肉を鍛えることができるので、眼瞼下垂の予防につながります。

目の疲れがひどい時は、眉毛の上が血行不良になっているので、
眉毛の上の筋肉を緩めるのもおすすめです。

動画でさらにわかりやすく紹介していますので、
是非Youtubeもチェックしてみてください♡

いいね

読み込み中...

50 Shades of Pink

8,274 views

50 Shades of PInk 編集部 国内外の最先端情報をエディターが厳選。 スキンケア、コスメからマインドビューティーまで幅広く美に関わる情報を発信...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。