SPFとPAの違いって?意外と知らないUVケア成分の基本 

Skincare

紫外線が本格的に強い季節になって参りました。
UVケアといえば、下地や日焼け止めのパッケージに「SPF」や「PA」と書かれていると思いますが、なんとなく日焼け止めを選んでいるという方も多いはず。
SPFとPAの違いって?どうやって選べばいいの?
という疑問を感じながらも、なんとなく日焼け止めを選んでいる方のために、
今回は美容博士Ayaが意外と知らないUVケア成分の基本を伝授!
肌タイプ別のおすすめ日焼け止めもご紹介します。

そもそも紫外線って何?

紫外線は空から降り注いでくるものですが、大きく分けて3つあります。
・UVA
・UVB
・UVC
波長が長い順番にA B Cとなっているのですが、UVCはオゾン層で守られているので、あまり気にしなくて良いです。

UVAについて

UVAは一番波長が長く、真皮層という私たちの肌の一番奥まで入ってくる紫外線です。真皮層は、肌のハリや弾力を司っているので、シワやシミの原因となります。
UVAは雲や窓ガラスも通り抜けるので、曇りの日や室内にいても対策することが必要です。

UVBについて

UVBはUVAと比べて波長が短く、肌の奥までは浸透しないものの、エネルギーが非常に強く、肌の表皮に炎症を起こします。
ただUVAのように雲や窓ガラスを通り抜けることはないので、
レジャーなど太陽のもとに長くいる時に注意しないといけない紫外線となります。

SPFとPAの違いって?

SPFについて

SPFは先ほど記載した「UVB」を防ぐものになります。
日本ではSPF 1〜50+まで幅広い商品が売っていますね。
これがどういう意味かというと、
何も塗らずにUVBを浴びた場合と比較して、SPF30を塗ると「30倍の時間赤くなりにくい」という意味になります。
なので、SPF50を選べば50倍の時間となりますね。

PAについて

PAは先ほど記載した「UVA」を防ぐものになります。
肌の弾力やハリに影響するUVAですが、日本ではPA+~++++まであります。
+が増えるごとに防止力が強くなります。

どのくらいの強さのものを選べばいいの?

日本ではSPFやPAが大きい方が良い!という印象がありますが、世界的にみて、あまりSPF50+を塗る習慣が歩くにはあまりありません。
日常生活をする上では、夏でも「SPF30、PA+++」で十分です。
SPFやPAが強くなればなるほど、肌への刺激も強くなります。
レジャーや海水浴をするときなど、紫外線を強く浴びる際以外はこのくらいのものを使う方が肌への負担も抑えて日焼け対策することができます。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤って?

「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」
一度は聞いたことがある人も多いのでは?

紫外線吸収剤って?

紫外線吸収剤は空から降ってきた紫外線を吸収して、外に放出させる機能があります。
メリットは二つ!
①UV効果が高い
②肌馴染みがよく馴染みやすい

一方で、肌への刺激が強いというデメリットもあります。
成分表を見る際には「メトキシケイヒ酸エチルヘキシル」「メトキシケイヒ酸オクチル」といった表記がされている商品は紫外線吸収剤が使われています。

紫外線散乱剤って?

イメージ的には肌の表面に鏡を貼るように、紫外線を反射させることで日焼け止めをすることができます。
メリットとしては、紫外線吸収剤よりも圧倒的に肌への負担が少ないこと。
お肌が弱い方にはオススメの成分となります。
一方で、肌馴染みが悪く、白浮きしやすいのがデメリットです。

成分表を見る際には「酸化亜鉛」「酸化チタン」といった表記がされている商品は紫外線散乱剤が使われています。

おすすめの日焼け止めは?

最近の日焼け止めは、ジェルタイプ、クリームタイプ、スプレータイプなど色々なタイプのものがあります。
どういった特徴があってどういう人におすすめなのか?詳しくみていきましょう。

2層式タイプ

雪肌精 ホワイト UV ミルク SPF50+/PA++++ 60g
https://amzn.to/2VG3N9N

シャカシャカ振って使う2層式のものは肌への密着が強く、そのためUV効果も高く、長く持続するという特徴があります。
長時間塗り直しができないときや、しっかり日焼け対策したいときなどに使うのがおすすめ。

ジェルタイプ

NALC 日焼け止めジェル
https://bit.ly/2S9HM15

ジェルタイプはすごく軽い使い心地なので、1年中使うことができます。
さらりとした使い心地がお好きな方にもおすすめ。

クリームタイプ

BioreU アスリズムスキンプロテクトエッセンス
https://www.kao.co.jp/bioreuv/athlizm/
Le Tanサンクリームローション
https://www.farmacia.jp/le-tan

クリームタイプの一番の特徴は保湿力
日焼け止めを塗るとどうしても乾燥してしまうという方も多いのでは?
肌馴染みもよく、乾燥肌の方におすすめです。

このLe Tanの日焼け止めは、日焼け止めの香りが苦手という方にもおすすめ!
なんとフルーツの香り付きの日焼け止めなんです。

サンスクリーンローション ココナッツ SPF50+ PA++++
https://www.farmacia.jp/blank-2/coconut
サンスクリーンローション マンゴー SPF50+ PA++++
https://www.farmacia.jp/blank-2/mango
サンスクリーンローション ウォーターメロン SPF50+ PA++++
https://www.farmacia.jp/blank-2/watermelon
サンスクリーンローション パイナップル SPF50+ PA++++
https://www.farmacia.jp/blank-2/pineapple-spf50-lotion-125ml

マンゴー、パイナップル、ココナッツ、ウォーターメロンの4種類で、
どれもとってもジューシーな香り。
お子さまはもちろん大人も楽しんで使える日焼け止めです。

スプレータイプ

サンカットプロテクトスプレー
https://amzn.to/2VZ0h9q

スプレータイプは広範囲に日焼け止めを塗ることができるので、
肌全体に軽く塗りたいときや、頭皮の日焼けケアにおすすめ。
また外出時の簡単な塗り直しなんかにもおすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
ご自身の肌タイプや塗り心地のお好み、シチュエーションに合わせて、日焼け止めも賢く選んでみてくださいね!

いいね

読み込み中...

美容博士Aya

413 views

海外製化粧品の輸入販売会社にて、商品成分の薬事チェックなどを行う美容博士。 医学博士号、薬剤師免許を所持し、科学的な観点から美容情報を発信する。

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。