何を選ぶかであなたが変わる!? 「抗酸化系サプリまとめ」

Inner Beauty

少なからずアンチエイジングを意識して生活していれば、
何をするにも、何を口にするにも、”抗酸化”という言葉が付きまとうようになって久しい。
いつまでも美しくいたいと願う私達にとって、酸化、つまり”錆びる”という言葉は、恐怖ですらある。
日々を重ねていく上で、美容に関して大事なのは続ける事。
真新しい商品に次々飛びついているだけでは、何の恩恵も受けられない。
毎日摂取するものであるならば、しっかりとその効能を知り、
信じて続けられるかどうかが何より大事。
今一度抗酸化物質について知り、何を選ぶのかを見直しましょう。
今回は、代表的な抗酸化物質として知られる4種についてまとめていきます。

アスタキサンチン

左から/NOW DOODS社,CALIFORNIA GOLD NUTRITION社,SOLGAR社製品

自然界に広く分布している天然由来の抗酸化成分であるアスタキサンチンは、サケやエビ、カニなどに蓄積されている橙色の色素で、カロテノイドの一種。
何を摂取するにも、その栄養を全身に行き渡らせる血液があってこそという考えにおいては、抗酸化作用、抗炎症作用に加え、血流改善作用があるのも重要なポイント。

その抗酸化力は、ビタミンCの6000倍、コエンザイムQ10の1000倍とも言われている。
サプリメント談義において、度々論点となる経口摂取の有用性についても、
経口摂取でアスタキサンチンが皮膚まで到達していることが、富士フィルムの研究で確認されている。

細胞を守ることでコラーゲンの生産を維持し、シミの原因となるメラニンの生産を抑え、乾燥や摩擦によるキメの乱れを整える。
また、血流改善作用により肩こり、眼精疲労、冷え性の改善も期待できるのが嬉しい。

ピクノジェノール


左から/SOURCE NATURALS社、LifeExtenshion社、Country Life社製品

フランス海岸松樹皮 (French maritime pine bark) から抽出 したプロアントシアニジンを主成分とする食品抽出物であるピクノジェノール。
アスタキサンチンと同様、抗酸化作用、抗炎症作用に加え、血流改善作用があるため、冷えや肩こり、むくみの解消や、頭痛の予防にも効果が期待できる。

特徴としては、ピクノジェノール単体ではなく、ビタミンC、ビタミンEの働きをサポートし、共に酸化を防いでくれる点です。
数多くの臨床試験によって薬理効果が証明されている食品素材は珍しく、その点でも安心。
コラーゲンの生成を促進、メラニンの生成の抑制、血流改善による肩こり,冷え性の改善という点では、アスタキサンチンと効能がとてもよく似ています。
また、ピクノジェノール、アスタキサンチン共に、月経困難症の緩和、子宮内膜症の痛み軽減にも効果が期待できるとされている、女性に優しい成分です。

ポリフェノール


左から/Now Foods社、CARIFORNIA GOLD NUTRITON社、LifeExtension社製品

一言でポリフェノールといえど、その種類は5000種類以上あると言われています。
代表的なものでは、以下のようなものがあります。

  • レスベラトロール
  • アントシアニン
  • カテキン
  • カカオポリフェノール
  • ルチン
  • コーヒーポリフェノール
  • クルクミン
  • ショウガオール

特に最近注目されているのがレスベラトロールです。
昨年、英大学の研究者らが「老化する人間の細胞を若返らせることに成功した」というニュースが世界中に駆け巡りました。
学術誌「BMC Cell Bioligy」で発表された研究では、通常なら細胞分裂のたびに短くなる染色体の末端部であるテロメアを、若い細胞のように長くする方法を発見し、老化した人間の細胞を若返らせることに成功したのです。

つまり、老けを”遅らせる”のではなく、老化してしまった細胞が文字通り”若返った”ということ。
アンチエイジングに少しでも興味のある人ならば、これは歓喜せずにはいられない研究結果。
レスベラトロールの更なる可能性から目が離せません。

グルタチオン

左から/Aurora社、Telly Naturally社、SOURCE NATURALS社製品

グルタチオンは3つのアミノ酸(グルタミン酸、システイン、グリシン)から成るトリペプチドです。
クリニックでの点滴メニューとしてお馴染みのこの成分は、抗酸化作用に加え、解毒作用、抗アレルギー作用、美白作用などの効果があるとされています。
また、他の抗酸化物質と違う点は、優れた解毒作用。
アルコールの摂取によってできるアセトアルデヒドを排泄させることから、二日酔いにも効果を発揮します。
また、重金属や食品添加物など身体にとって有害なものの排除に役立つため、デトックスには欠かせない存在。
有害物質や活性酸素から体を守るため、是非取り入れたい成分です。

冒頭でもあったように、サプリメントは薬ではないので、ある程度長期的に飲むことを前提としなければいけません。
毎日忘れずに飲み続けるには、その成分を知り、その効果を心から信じていなければ、中々続けられないものです。
あれやこれやと手を出さず、本当に続けられる物を厳選することから、アンチエイジングは始まります。
毎日口に運ぶもの、直接肌に塗布するものを見直して、更なる美しさを手に入れましょう。

いいね 11

読み込み中...

信近エリ

3,063 views

2004年にソニーミュージックより「Lights」で歌手デビュー。 2015年avexへ移籍後、最新作「THREE」をリリース。 飲食店のクリエイティブディ...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。